むかしの作業着

昔の津軽藩は綿がとれず、衣服に綿を使うことが禁止されていました。
The old Tsugaruhan was forbidden to use cotton in clothes.

そこで麻を着ていたのですが、目が粗いため寒く、上から糸を刺して穴を塞ぎ、寒さと擦り切れ防止にしていました(こぎん)。
I wore hemp there, but it was cold because of the coarse eyes, so I stabbed a thread from above to close the hole and prevent it from getting cold and frayed (kogin).

また、藍染で虫よけマムシよけ、保温、擦り切れ防止もしていました。
Indigo dyeing was also used to repel insects, pit vipers, keep warm, and prevent fraying.

こぎん刺しの作業着